So-net無料ブログ作成

特報解禁!超ハイクオリティな質感とド迫力の映像を体感せよ!! [新着情報]

0720.jpg

全世界で圧倒的なコンテンツ・パワーを誇る「バイオハザード」シリーズ。
前作から5年の歳月を経て、フルCG長編アニメーション第2弾『バイオハザード ダムネーション』が、10月27日より公開となる。
7月12日(木)~15日(日)に米・サンディエゴで開催されたコミコン・インターナショナル2012で世界初公開された最新映像が、いよいよ日本でも字幕付きで解禁!! コミコンでは主人公「レオン・S・ケネディ」の新たな活躍とともに、ゲームでも何度か共演している人気女性キャラクター「エイダ・ウォン」の登場が明らかになりファン達から大歓声が上がった最新映像です。 前作よりもパワーアップしたクリーチャーの登場が、レオンの過酷な戦いと新たな活躍を期待させます!

土屋アンナ「CARRY ON」  フルCG長編アニメーション『バイオハザード ダムネーション』主題歌に決定! [新着情報]

0719.jpg

10月27日に公開する「バイオハザード」シリーズのフルCG長編アニメーション第2弾、映画『バイオハザード ダムネーション』の主題歌が、2008年に公開された『バイオハザード ディジェネレーション』に引き続き土屋アンナに決定。
新宿ピカデリー他全国3館、2週間限定公開で動員33,000人/興行収入4,300万、そしてその後発売されたDVD&BDでも全世界で累計160万本以上という圧倒的なコンテンツ・パワーを見せ付けた前作『バイオハザード ディジェネレーション』から5年。
前作の世界観を歌い上げた土屋本人による作詞とIVORY7 CHORDの大西俊也による作曲・アレンジで、『バイオハザード』の真髄でもある“ハラハラ、ドキドキ”をよりリアルに体感させるような主題歌「CARRY ON」をつくりあげた。
今回は「3D版」も登場。最新のモーション・キャプチャー技術を駆使し、超ハイクオリティな質感とド迫力の3D効果が加わり、前作を上回る圧倒的な映像体験と主題歌で、観る者に襲い掛かる!
また、映画の公開に先駆けてこの夏には土屋アンナが出演するライブイベントが多数あり、『バイオハザード ダムネーション』主題歌“CARRY ON”をいち早く聴くことができる。

土屋アンナLive情報
7/28(土)音霊SEA STUDIO、8/4(土)FOXビーチライブ、8/12(日)a-nation musicweek ROCK NATION、8/19(日)SUMMER SONIC 2012 <東京>、9/16(日)namie amuro 20th ANNIVERSARY in OKINAWA、10/19(金)「NAONのBATTLE」SHOW-YA×土屋アンナ、10/21(日)水平線の花火と音楽3
★アンプラグドツアー
12/20(木)ビルボードライブ大阪、12/24(月・祝)名古屋ブルーノート、12/27(木)ブルーノート東京
土屋アンナオフィシャルHP:http://www.anna-t.com/index.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

サンディエゴ「コミコン2012」でフルCG長編アニメーション 『バイオハザード ダムネーション』最新映像世界初公開! [新着情報]

0719_0.jpg

7月12日(木)~7月15日(日)にサンディエゴで開催されたコミコン・インターナショナル2012で、7月13日(金)に「バイオハザード」シリーズプロデューサー小林裕幸氏と『バイオハザード ディジェネレーション』に続き監督を務めた神谷誠氏が登壇し、10月27日より日本で公開される『バイオハザード ダムネーション』の最新映像が世界初公開された!
会場は入場開始前からゲーム「バイオハザード6」そして『バイオハザード ダムネーション』の主人公である「レオン・S・ケネディ」のコスプレをする男性ファン、ガスマスクを被る戦闘員といったファンの長蛇の列が出来る盛り上がりよう。ホールが開場すると瞬く間に500席ある会場は熱いファンや報道陣で埋め尽くされ満席に。パネルディスカッションには、プロデューサーのカプコン・小林裕幸氏と監督の神谷誠氏が登壇した。
まずは世界初公開のトレーラーを上映。「レオン・S・ケネディ」の新たな活躍とともに、ゲームでも何度か共演しレオンの物語には欠かせない人気女性キャラクター「エイダ・ウォン」の登場が明らかになるとファン達から大歓声。小林プロデューサーから「ゲームの世界観を共有する映画最新作が完成したので楽しんでください」、そして神谷監督からは「前作よりもパワーアップしてクリーチャーもいっぱい出ています」とのコメントがあるとファンは沸きに沸き、さらに神谷監督から「レオンに地獄巡りをさせ、思い切り苦しめたかった」という本作のコンセプトが伝えられるとファンからはさらに大きな歓声が挙がった。
続いて作品の冒頭7分が上映され、レオンがアメリカ合衆国の命令を無視して舞台となる東欧の小国へと単独潜入するところから、「バイオハザード」シリーズで御馴染みのB.O.W.(有機生体兵器)「リッカー」との戦闘のシーンで映像は終了。
映像が終わった後のQ&Aでは早速ファンから「リッカーを操っている男が出たが、『お手』とか『伏せ』とかさせることは出来るのでしょうか?」という面白い質問が飛び出した。今後のストーリーにも関わるため、リッカーの説明をする予定はなかった製作陣から神谷監督が「たぶん能力的には出来るでしょうが、やっていたとしてもオフカメラでやっていることでしょう」と巧みな切り返しで遮らなければいけないほどファンの鋭さに驚く一幕も。
Q&A中にはアメリカやフランス人のファンが日本語で「ドウモ」、「コバヤシサン」、「カミヤサン」、
「アリガト」と日本語を駆使し、熱狂的なファン達の中には一人でいくつも質問をしようとして、観客、そして司会から「もう終わり!」と強制終了させられるほど。映像を計8分程しか披露していないにも関わらず、「次回作があるとしたらどのキャラクターを登場させたいか」といった気の早い質問も飛び出し大盛り上がりのQ&Aも終了の時間となり、最後に小林プロデューサーが手掛けるゲーム「バイオハザード6」の最新トレーラーが上映され、ファンは「バイオ一色」の一時間を堪能した様子だった。大喝采で終了となったパネルディスカッションの終了と同時に多くのファンが小林プロデューサーと神谷監督のサインを求めに殺到。ホールでは次の講演が控えていたので即席サイン会は3分程で終了となってしまったが、ファン達の興奮は冷めやらぬ様子だった。
日本では10月27日(土)からの2D&3D版の劇場公開も決まり、期待と心拍数は高まるばかり。いよいよ動き出した『バイオハザード ダムネーション』、今後も新情報にご期待ください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。