So-net無料ブログ作成
検索選択

大盛況!初日舞台挨拶はチケットすべて完売! [新着情報]

10/27(土)公開初日、新宿ピカデリーを皮切りに名古屋ミッドランドスクエアシネマ、
大阪ステーションシティシネマにて本作品の制作陣、脚本家:菅正太郎、監督:神谷誠、
プロデューサー:小林裕幸の3人が登壇し制作秘話などを披露。
舞台挨拶が行われた3劇場ともチケットは完売!

event.jpg
左から:菅正太郎(脚本家)、神谷誠(監督)、小林裕幸(プロデューサー)

実写版映画の第5弾『バイオハザードV リトリビューション』の公開を皮切りに、待望のゲーム最新版
「バイオハザード6」も発売されるなどまさに“バイオハザード祭”の最後を飾る本作ですが、
神谷監督は「作業を始めたのはウチが一番最初。だから他のものは意識していません」と語り、
本作のみならず、ゲーム、実写映画にも携わってきた小林プロデューサーは、ゲームの内容について
「わざと監督には教えませんでした。監督にはのびのびとやってほしかったので」と明かした。

同じくゲームにも携わっていたという菅さんは、ゲーム、アニメどちらのスタッフからも様々な注文
寄せられたことを明かしながらも「でも神谷監督の注文が一番大きかったです。『それはちょっと…』と
言いたくなるようなことを振ってきた」と苦笑交じりに苦労話を披露。

来場されたお客様の多くの方が前作『バイオハザード ディジェネレーション』の観賞者やゲーム最新作「バイオハザード6」の購入者という熱いファンに囲まれた舞台挨拶はジャンクハンター吉田氏の軽快なMCもあって各会場とも大盛り上がり。

しかも、新宿ピカデリーではあの最強のクリーチャー”タイラント隊”も登場しさらに会場をわかせました。
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。